未経験でも転職出来る!!Web制作者になった元飲食店員が語るBLOG

  1. WordPress
  2. プログラミング実績をすぐ作りたいなら、「WordPress」は役に立つ!

プログラミング実績をすぐ作りたいなら、「WordPress」は役に立つ!

wordpress

どうも、Tommyです。

プログラミングを勉強している方で、Web系エンジニアを目指している方は『HTML・CSS・JavaScript・PHP』等を勉強しているのではないでしょうか?

Webサイトには、静的ページで作られるサイトと動的ページで作られるサイトがあり、初心者用参考書や動画サイトで学ぶWebサイト制作は大抵静的ページでの制作になると思います。

ある程度HTML・CSSと理解出来ているのであれば、今後のためにも実績を作って行きたいと考えている方は、是非、『WordPress』も扱えるようになった方が良いでしょう。

今回は、なぜ、WoraPressを覚えた方が良いのかについて解説していきます。

おじいちゃんイラストじぃじ

この記事では、WordPressの使い方の説明ではないので、注意じゃ。
知りたい人は、下記の記事に飛ぶと良いぞ。

静的ページとは?

静的ページは、『サーバーに置かれたHTMLファイルをそのままブラウザに表示されているもの』を指します。

初心者の方が初めに行って覚えるのは、この静的ページが大半だと思います。

では、玄人の方は静的ページでの制作はしないのか?っというと、そんなことは全く無くクライアントの要望に答えて静的か動的か、両方なのかどうするかを決めていきます。

おじいちゃんイラストじぃじ

静的ページだと主に、修正が入ると、HTMLファイルを直接触って変更するのじゃ。
だから、修正後はサーバーにアップするといった作業工程があるんじゃ。

動的ページとは?

動的ページは、『プログラムによってHTMLが書き出されているもの』を指します。

サーバーサイドで生成されるもののことを指しており、ソースとして書かれたものと違うものがアクセス時に生成されるので、動的に生成されるページというわけになります。

男の子イラストたから君

静的ページで制作しても問題なくWebサイトとして表示できるのに、なんでそんな複雑化をしないといけないの?

おじいちゃんイラストじぃじ

それはな、プログラムで管理しているWebサイトだと、更新する際に直接HTMLファイルを触る必要がなくなるからじゃよ。

おじいちゃんイラストじぃじ

そうすることで、全くHTMLなどの言語を知らない人でも文字修正や、記事の更新ができるようになるんじゃよ。

男の子イラストたから君

なるほどね!

静的ページだと更新・修正が入るとHTMLファイルを直接触らなくてはいけません。
そのため、HTML言語を知らない方は更新等が出来ないことになります。

制作会社や、フリーランスの方は更新作業料としてお金をいただけるのでありがたいのですが、依頼側はちょっとした文字修正や商品ページの追加のために毎回費用がかかることになり大変です。

そのため、頻繁に更新するページを動的化させ、HTMLファイルを触らなくても、プログラムの管理画面から追加更新ができるようにすれば、依頼側でページを増やしていけるようになります。

男の子イラストたから君

ページのデザインは同じで、文言内容が違うページってあるもんね。
まさに、商品ページやブログページがそうだね!

おじいちゃんイラストじぃじ

正解じゃ!
依頼側もWordPressで制作することで、メリットが大きいんじゃよ。

なぜ、WordPressを覚えたほうが良いか?

上記に書いたとおり、社会的ニーズが高いので覚えることであなた自身のニーズも必然的に高くなります。

また、WordPressは、動的ページを作ることができるオープンソースなソフトです。
無料で誰でも扱うことのできるソフトなのに、非常に有能なソフトでもあります。

世界で取り扱われているものなので、検索すれば大体のことは調べることが出来るのはとても助かります。

現在インターネット上全てのWebサイトの『33.6%』は、このWordPressで作られておりCMSの中でももっとも使われているソフトです。

Webサイトの約3分の1がWordPressだとわかっている以上、Web系エンジニアであれば覚えないわけには行かないかなっと思います。

おじいちゃんイラストじぃじ

ニーズがあると、フリーランスになっても仕事はもらえやすいからの。

WordPressを覚えたら一生安定?

一生安定というのは、どの世界にもないです。

当然、時代は動いていくのでWordPressの市場価値も今よりだんだん降下していきます。

今までは、プラスの話をしていたので少しマイナスな話もしておくと、実は、正直なところ最近ではWordPressのような動的から、『静的サイトジェネレータ』といったものも出始めてきております。

コーポレートサイトなど大手企業だと、セキュリティーやアップデートなどの基準値も高いため、WordPressだとキャパオーバーになってしまい、近年では静的サイトジェネレータに移行する企業も増えています。

男の子イラストたから君

静的サイトジェネレータ
なんで、そういうものが出始めたの?

おじいちゃんイラストじぃじ

簡単に説明すると、動的サイトというのはプログラムで生成される作業が発生するためブラウザの表示が静的ページに比べると遅くなってしまうのじゃよ。

素人でもWordPressはできるってホント?

よく『素人でも、WordPressを使って自分でWebサイトを作ろう!』と耳にすることが多いですが、結論から言うと『欲を出さなければ製作可能。オリジナリティを出そうとするのであれば正直難しい』かなっと思います。

ブログサイトを開設している人で、WordPressを使っている人は多いと思いますが、基本的にテンプレートをそのまま使用しているかと思います。

または、有料のテーマテンプレートを使って見栄えや機能を確保している人が多いのではないでしょうか?

全くの素人が1人で、無料テーマテンプレートだけを使ってサイトを開設しても納得できるものが果たしてできるのか疑問ではあります。

WordPressは基本的に海外の方が作っており、無料テーマテンプレートも数はたくさんありますが、基本的に海外用のデザインで、日本語にはあまり似合わないデザインだと思っています。

ただ、とりあえず始めるっていうのであれば十分ではあります。

本当に、Webサイトを作って集客を集めたいのであれば、それなりに勉強は必要にはなってきます。

男の子イラストたから君

なにをするのにも勉強はしなくちゃいけないんだね!

おじいちゃんイラストじぃじ

そういうことじゃな。
素人でもそれなりに勉強しながらでも問題なく扱えるのもWordPressの強みなのかもしれんな。

まとめ

プログラミング実績をすぐ作りたいのであれば、『WordPress』を覚えてブログサイトや自身のポートフォリオサイトなり作ったほうが良いですよ。

Web系エンジニアで、Webサイトを制作している方なら必須だと思っていいでしょう。

WordPressを扱えないWeb系エンジニアは、デメリットでしかないと思ってもいいです。

初心者の方はWordPressのカスタムをガンガンできるようになる必要はないですが、どういう風にプログラムが書かれていて、どのファイルをいじれば表示部分が反映または変更できるかくらいは把握しておきましょう。

Check Point

現在WordPressは『PHP』で書かれております。
WordPress5.0からエディターがGutenbergになり、こちらは『React』ベースで開発されています。
また、WordPress自体も『React』での開発が進められています。
今後、裏側は『Larabel』を、表側は『React』になっていくのだとすれば、これらの言語もチェックしておいたほうがいい気がしますね。